気になるナイトブラ効果は?谷間作れる?

近頃、大注目なのが、「ナイトブラ」で夜もブラを着てバストを育てる方法です。

ナイトブラの効果

これまでバストアップに色々なアプローチをしてきたものの変化が無かったという効果が出にくい人でも目に見えて実感できます。

最大限にバストアップの恩恵を受け、着け心地も満足するためにはナイトブラ選びは重要です。

そのためにはそもそも必要性が高いものなのかを正しく認識しておかなければなりません。

これまでのブラジャーは帰宅直後には外したくなり、就寝時には不快感や健康上の観点から好ましくないという代物でした。

ブラジャーは着用しない方が楽ちんと思われているのですが、実はこれは大きな誤りです。

美しさをキープしたいのならブラジャー自体が必要不可欠ですし、ナイトブラ選びも重要です。

ナイトブラを実際に使用した感想

ナイトブラの効果を実際に使用した感想

とはいえ、これまでナイトブラを着けずに寝ていた人は、ナイトブラに対して強い抵抗感があると思います。

どうしても窮屈なイメージは拭い去れないのですが、着けてみると、想像していたような窮屈感ではなく、むしろ心地よいのが実感です。

実際ナイトブラは使用し始めると、着けてないと寝づらいという意見が多いようです。

それになによりボリュームアップがすごいのですぐに手放せないものになるという声をよく聞きます。

数ある作用の中で身に纏った瞬間に気づくことは、形状が良い状態でキープされることです。

睡眠時、胸の脂肪は重力で下に移動

睡眠時、胸の脂肪は重力で下に移動

眠っている時は無意識なので、何も考えることなく寝返りをしてしまうため、胸部に集中している脂肪分が他部に移動してしまい、結果的に大きくスタイルが乱れてしまいます。

開放的にしてストレスを与えない方が良いというのは真逆であり、本来胸にあった脂肪が自由に動けるようになってしまうことで背中や脇にまで移り気づいた時には極めて縮小してしまっていることも珍しくありません。

一方、正しく使用すると動いてしまっていた肉が固定されるので、寝ている途中に意識せずにメンテナンスしてくれるため起床時には既に良い見た目になっています。

ベッドで横になって休息するというのは全ての人物に共通していることである上に、毎日欠かさず行われるのでこまめにケアしていれば結果的に大きな差を付けることになります。

一度でも導入してみた方が試しにナイトブラを外すと物足りなさを覚えて熟睡できなかったという声が多く聞かれるため、なかなか慣れない事例でも根気強く向き合ってみることが求められます。

年齢が進んで下に落ちたバストでもOK

ある程度の年齢になるともう若くないからと、何をしても意味が無いと言って諦めてしまう人も居ます。

下に落ちてしまったと諦めていた方でも、バストアップはかないます。

使用後にはボリュームアップがすごいという意見が多く、若い方と同じように夜には欠かさずに手にとっています。

やはり年齢を重ねると身体の各部の機能が衰えてしまうので、谷間効果が半信半疑だったというのは無理もないのですが、正確に使用してみると筋組織に訴求できるので根本的な解決に結びつきやすいのです。

クーパー靭帯について

クーパー靭帯について

バスト内部に存在しているクーパー靭帯と呼ばれる組織は、支えたり持ち上げるという作用を担っており、これらによってハリのある様子が感じられる仕組みです。

クーパー靭帯は元来伸縮性に富んでいるものの、激しい動きを行ったり栄養が正しく行き届いていないと切れてしまうこともあり、一度障害が生じると二度と修復できないという注意点があります。

つまり、クーパー靭帯を壊すことなく守りつつ年齢を重ねていくことが大切になるのですが、栄養不足であったり加齢により知らず知らずのうちに切れることもあるのが厄介な点です。

そこでバストアップグッズを採用してみるとクーパー靭帯を保護するといったことが簡単に行えるようになるため、本来なかなかケアできない内部まで守れます。

10代後半~20代

もちろん、まだ発育段階にあると言っても過言ではない10代後半や20代の方においては効果が出にくい人がいないほど必ず嬉しい違いが確認できます。

特に若い頃というのは周りの人々と自分の身体を見比べてしまうことが多く、自己嫌悪になってしまうこともありますが、ボリュームアップがすごいのでコンプレックスを解消させられます。

将来ウエディングドレスを着用するのに備えて、早め早めに対処しどんなスタタイルのウェディングドレスでも堂々と着こなせるようにしましょう。

年齢的にまだまだ可愛らしいデザインが好きな頃合いなので、スポーツブラのようにスポーティー過ぎるものやクールなものよりは可愛げのあるタイプを選出する方が多々居るのも事実です。

先入観から避けてしまわれる方も少なくないものの、大変お洒落で可愛い製品も増加傾向にありますし、有名ブランドも参入し始めているので満足度も高いです。

30代

全年齢の中で取り分けて重要視すべきなのは30代です。

女性ホルモンが変化してしまうことから、この期間のバストケアで結果が大幅に変化します。

30代前半は20代の気持ちで過ごしている方も少なくない上に、まだ体力があるのにも関わらずバストが元来より下部になってしまったり、縮小したように感じるのはとても寂しいものです。

出産すると全身像が別人のようになってしまうことから、この期間はボリュームのすごいブラも楽しめるチャンスかもしれません。

ナイトブラ 安眠

ナイトブラ効果は谷間を作りながら安眠

就寝時、ブラジャーは人によって着けたり着けなかったりするものです。

寝るときにブラなんてちょっと窮屈かなと感じるかもしれませんが、着用した方が得られるメリットがあります。

また、着用しないことによるデメリットもありますから、利点と欠点を踏まえて着用を検討することが大切です。

ナイトブラは谷間を作りながら安眠しっかり

就寝時の肉の位置は、谷間を作る形状が理想的なので、腋よりも胸側に寄せるのがポイントです。

ブラをしないまま眠るのは、胸の形崩れを許すことを意味しますからなるべく、ナイトブラを着けて習慣化するのがおすすめです。

ブラを着用して眠ることは、型崩れを防ぐ効果だけでなく、谷間を作る効果も得られるのでお得です。

ナイトブラを着用するコツ

その際、腋の肉は前の方に寄せて、胸のボリュームを増やしつつ、谷間を作って固定するのがベストです。
寄せるコツは、以下の二点となります。

  1. 腋の下や背中側から肉を持ってくること
  2. そして左右均等にバランス良く形を整える

ナイトブラ着けたまま寝ても大丈夫?

着けたまま寝ても大丈夫?という疑問に対しては、体に合うブラなら問題なしと答えることが出来ます。
手触りが粗かったり、きつく締め付け過ぎるブラは適さないので、この点には注意して選択するのが良いでしょう。
大丈夫と答えられる根拠ですが、それはナイト用に特化した製品が開発されていたり、着用して効果を感じている人が少なくないことが挙げられます。
ノーブラで横を向いて偏ったり、潰されて変形するのを防いでくれるので、型崩れ防止と谷間を作る二つの効果が得られます。
着用時はゆったりと包んでくれる、そういったブラなら就寝時は着けて眠った方が、大切な胸を守って育てる結果に結び付きます。

ナイトブラ着けたまま寝ても大丈夫?

就寝時、贅肉は下に移動する

胸の型崩れは、小さな油断の積み重ねから発生するので、スキが出来ないように優しく守りを固めることが不可欠です。
就寝時、贅肉は下に移動する、これは地球に重力が存在することから、誰もが逃れられない事実です。
無重力状態なら、胸や肉の位置を気にする必要はなくなりますが、宇宙空間でもない限りそれは非現実的です。
現実的な回答としては、地球上でも無重力に近い効果を発揮する、そのような就寝時の状態となります。

就寝中もブラを着用すべき?

横になっても支えてくれるブラを着用して肉の移動を防ぐのが、理想状態に最も近い方法です。
就寝時の肉の位置に意識して、ブラを着用したまま就寝を行うと、着けたまま寝ても大丈夫?との疑問は解消するはずです。


メリット着用して得られるメリットは肉の位置が正しく補正され、理想的な状態のまま安心して眠れることです。
デメリット着用しない場合のデメリットは、就寝時贅肉は下に移動することによって、胸の形が崩れ谷間が損なわれてしまう点にあります。

一日のうち約6時間も胸はだらーんとしている

睡眠時間は人それぞれ違いますが、一般的には最低でも6時間は横になり続けますし、何度も寝返りを打つので、胸を守るブラが必要だと分かります。
勿論、着用するしないは自由ですから、利点や欠点を挙げながら比較、検討してみると答えが出せるでしょう。
一般論としては、就寝中もブラを着用したままがベストで、寝相があまり良くない人であっても、安心して深く眠れる安眠状態の実現に繋がります。

普段のものではなく夜用のブラを着用しましょう

夜に着用するブラは夜用の物が最適で、各メーカーで違いますが、普段使用するブラとは作りや着用感が違うことが多いようです。
横になって眠ると、丸い胸は円のように広がって、腋や背中の方に下がってしまいます。
この状態で、6時間以上もの睡眠を行うわけですから、どれだけブラを着用する大切さがあるか気が付けるはずです。
反対に、ブラの着用状態では横になっても形が崩れにくく、理想的な丸い形状のまま朝まで支えてくれます。
ブラ着用の有無による胸の変形は、長い期間を掛けて少しずつ進みますから、ノーブラの問題点に気が付きブラの重要性を再評価することが肝心です。

締め付けられて安眠できるの?

安眠について使用感に個人差はありますが、着けた方が寝付きが良く早く眠れる、といった感想が少なくありません。
ある統計によると、就寝時はブラを着けた方が、着けない場合よりも寝付きが良くなったという結果があります。
加えて、睡眠の満足度もアップしていますから、ブラの有用性に疑いの余地はないでしょう。
胸自体には筋肉がないので、就寝時かどうかに関わらず、胸の重量は周囲の筋肉や皮膚に負担を掛けてしまいます。
その点、安眠出来るブラは胸の負担を和らげ、無理なく理想的に負担を分散してくれるものと考えられます。
寝付きやすくグッスリ眠れた、これらの安眠について使用感は、科学的な根拠があって必然的な評価だと結論付けられます。
ノーブラが習慣化している人は、就寝時に着用するブラに違和感を覚えるでしょうが、着け慣れると次第に快適性が感じられるようになります。
サイズが合っていれば、締め付ける苦痛や就寝中の不快感は発生しないので、必ず胸に合う物を選んで正しく着用を行いましょう。

▲ページトップに戻る