「本当は胸にあるべき脂肪」がこんなに・・・脇の方や背中の方に流れている脂肪

脂肪は流動性がある為、今ある場所にずっととどまっているわけではなく、別の場所に移動してしまう事が有ります。

胸の多くは脂肪ですが、それもずっと胸の所にあるわけではなく移動してしまい、結果的に背中やわきの脂肪となっている事も決して珍しくありません。

脂肪をバストに誘導・脂肪を寄せ集める

真ん中に留まっているのではなく、脇の方や背中の方に流れて行ってしまうからです。

ブラジャーを付ける時は、この脂肪を背中や脇から持ってきて胸の脂肪に変化させましょう。

実は、「もったいない脂肪」の量はとても多く、その量は人によって、さらにその人の体脂肪率等によっても違いますが、その脂肪を寄せ集める事ができれば、バストサイズを1サイズも2サイズもアップさせる事も不可能ではないのです。

もったいない脂肪

ただ素人ではどうしてもうまくいかない事も多く、結果的に胸以外の所に広がってしまっていると言う人も決して少なくありません。
つまり、バストアップをしたいと思ったのであれば、この「もったいない脂肪」の量に目を向けて、いかにそれを胸の脂肪として活用するか、と言う事が重要になって来ます。

「本当は胸にあるべき脂肪」がこんなに無駄になってる

脂肪をバストに誘導する方法

そこでまず行われるのが、脂肪をバストに誘導する方法です。

肉を集めてくると表現される事も多いのですが、実は周りに広がってしまったもったいない脂肪を胸の方に持ってくる事を指します。

お辞儀をして重力で胸を下に

まずはブラジャーを普通に取り付け、お辞儀をして重力で胸を下に垂れさせます。
そうする事によって、脂肪が背中の方に移動する事を防げるからです。

背中から肉を移動

次に背中辺りから肉を移動させるようにして胸の方に肉を寄せます。
この時、肉を引っ張りながら行うと脂肪をバストに誘導しやすくなります。

アンダーの辺りからもバストの方に向けて肉を移動

またもったない脂肪は脇や背中の方にだけ脂肪が移動しているわけではなく、腹部にも脂肪が移動してしまってい事も多いので、アンダーの辺りからもバストの方に向けて肉を移動させます。

移動した肉はすべてカップの中に入れる

最後にブラジャーの紐の長さを少しだけ短めにして固定します。
後は上体を起こしてみると、通常よりもバストサイズが大きくなりやすくなります。

脂肪をバストに誘導する事が出来たので、このようにサイズアップする事が出来るのです。

また、実際には腕等にも脂肪が移動している事もあるので、その部分をマッサージして脂肪を移動しやすい状態にするのもバストをアップさせるコツです。

寝ている間に脂肪をバストに誘導する

ただ起きている時しかバストアップが出来ないわけではなく、実はそれ以外の時でも脂肪をバストの方に誘導する事は出来ます。

例えば寝ているときも脂肪を誘導する事は出来ます。

その場合に利用するのがバストアップブラやナイトブラです。

寝ているときにブラジャー?

寝ているときも脂肪を誘導できる!

寝ている時は下着を着用する必要はないと思っている人もいますが、実際にあおむけで寝ているとバストの部分の脂肪はドンドン移動し、背中やわきの脂肪に変化してしまう事が有ります。

起きている時だけ脂肪を寄せ集め、寝ている時は放置したままにしてしまうと、結果的に昼間集めた脂肪が夜中のうちに背中や脇に移動してしまいやすくなります。

脂肪は流動性があり、さらに重力等によって下の方に持って行かれてしまう事も少なくないからです。

夜中の脂肪移動を防ぐバストアップブラ

夜中の脂肪移動を防ぐのが夜用のバストアップブラです。

ナイトブラを利用する事によってバストの脂肪を背中の方に移動しにくくする効果が期待出来ます。

慣れない人はカップ付きのタンクトップから始めてみて

慣れない人はカップ付きのタンクトップから始めてみて

ただ寝ている時は出来るだけ締め付けたくない、緩い恰好をしていたいと思う人も少なくありません。

その場合は通常日中に使用するブラジャーではなく、ノンワイヤーの物やカップ付きのタンクトップなどから始める事もできます。

まずは全く何もつけない状態をやめる事、次にバストの脂肪を寄せるようにする事と段階を追って行えば、次第に寝ているときも脂肪を誘導するスタイルに持って行く事が出来るからです。

バストが小さい人は夜用を利用する必要ないと思ってる?

バストが小さい人は夜用を利用する必要すらないのではないかと思う人もいますが、実はそうではありません。

日本人は欧米人に比べると脂肪が流動しやすい体質の人が多く、寝ているだけでも背中や脇の方に胸の脂肪が移動してしまいます。

その為、実は「もったいない脂肪」の量も欧米人に比べると多い場合も決して少なくありません。

バストサイズが小さいと思っている人は、もしかしたら既にバストにあった脂肪が背中や脇に移動してしまっている可能性もあります。

小さいから必要ないと言うのではなく、流動性のある脂肪を利用すれば今胸が小さい人でもサイズアップする事は決して不可能ではありません。

その肉こっちに来て!脂肪をバストに誘導する

バストアップと言うと、サプリメント等を利用したりする方法も良く行われていますが、それ以外にもアプローチ方法はあります。

本当は胸にあるべき脂肪が背中や脇の方に流れてしまっている状況は、バスト用の脂肪を無駄にしている状況と言う事もできます。

脂肪をバストに誘導する事は十分可能なので、バストの状態に合わせた下着を着用して出来るだけ流動を防ぎ、バストアップを行います。

▲ページトップに戻る