バストアップ方法

バストを補正する育乳ケア(ブラジャー・ナイトブラ)

バスト補正ブラ

バストの形が悪い、ボリュームが少ないなど、胸のことで悩む女性は多いですが、豊胸治療には抵抗があるという人もあるのではないでしょうか。

美容整形のように即効で理想のバストが得られるというわけではないものの、バスト補正、正しいケアを行うことで、美しい豊かなバストに整えていくこともできます。

間違ったバストケアはサイズダウンや形を悪くすることにつながりますので、まずは日頃のお手入れ方法を見直すことがおすすめです。

バストアップ補正ブラジャー選びと着け方をもう一度確認

まず、きれいなバストに整えるためにはブラジャーは欠かすことができませんが、その選び方や着け方次第で効果が格段に違うのをご存知でしょうか。

実際よりも小さなサイズのブラジャーを選んでいるケース、間違った着け方をすることで、せっかくのバストの肉が背中や脇など余計な場所に流れてしまっているケース、どちらも結構多いのですがバストラインを崩す原因となります。

バストがサイズダウンしてしまうだけではなく、背中や脇に余計な脂肪がつき、後ろ姿や横から見た姿も美しくならないということにもつながってしまいます。

バストを補正する育乳ケア

ブラジャーは面倒がらずにきちんと測って買いましょう

ブラジャーを買うときはバストやアンダーのサイズはきちんと測定して、体に合うものを選びましょう。

自分では難しいので家族か下着店で測ってもらいましょう。

店員はプロですので相談すれば体に合う最適な商品を見つけてくれるでしょう。

この場合もおしゃれなデザインのものよりも、補正効果の高いものを選ぶことが大事です。

バストアップ補正ブラで流れてしまった肉をバストの肉に変える

バストを補正する育乳ケア

ブラジャーを着ける際には、背中に流れてしまったバストの肉を正しい位置に戻すことが大事ですので、背中や脇に流れた脂肪をしっかりと集める、さらに美しい形に整えるためにしっかりと寄せることも大事です。

あなた(肉)の場所はここ(バスト)ですよと教えることが大事です。

バストは垂れやすい傾向にありますので、正しい位置に戻すためにもしっかり持ち上げることができるブラジャーを選ぶことが大事です。

補正効果のあるブラジャーでバストアップ

バストには脂肪や乳腺を支えるためのクーパー靭帯がありますが、一度切れてしまうと元に戻ることはなく、その結果バストも垂れてしまうこととなります。

そんな場合も補正効果のあるブラジャーを着けておくと高い位置にバストを持ち上げることができますので、若々しいきれいなバストを維持できるようになります。

寄せ上げ効果のあるブラジャーは正しく使えば瞬時に理想のバストを作ることもできますので、悩みに合うもの、体型に合うものを見つけましょう。

入浴後にマッサージを

入浴後にマッサージを

ブラジャーの効果は一時的なものというイメージもありますが、毎日正しい着け方をすることで、流れてしまったバストの肉も正しい位置に戻り、ボリュームアップが期待できます。

入浴後などは血行も良くなっていますので、バストケアを行うのにも最適な時間です。

短時間でも十分なケアができますので、マッサージも取り入れてみてはいかがでしょうか。

このときも、バストアップ効果の高いクリームを使うとより効果的ですので、お手入れに活用していきましょう。
マッサージをすれば他の部位に流れてしまったバストの肉を元の位置に戻すこともできますし、血行も促進され、栄養も十分に行き渡るようになります。

バストアップ補正ブラ:就寝時にはナイトブラがおすすめ

そして、せっかくマッサージを行っていても、ブラジャーを着けずにそのまま寝てしまうとバストの形を崩してしまう可能性があります。

それゆえ、寝ているときもバストが動かないよう、肉が流れないようケアをしていきたいですが、昼間着けているブラジャーではワイヤーやホックが痛い、寝苦しいという人も少なくありません。

夜のバストケアをより楽に行うのであれば、ナイトブラを活用してみることもおすすめです。

こうした商品は痛みの原因となるホックやワイヤーもありませんので、より快適な着用ができますし、ゆったりとバストを支えられるデザインとなっていますので、寝ている間も楽に着けていられます。

『MICHIBIKI導ブラ』

ノンワイヤーで着心地が良く、育乳ができると大人気のナイトブラです。

MICHIBIKI導ブラ

公式サイトはこちら

育乳ブラ、ナイトブラという名目で販売されていますが、締め付け感が少なく日中でも気軽に利用できます。
つけた瞬間からお椀型のきれいな形になり、ボリュームアップすることが可能です。
パットに厚みがありますのでバストが小さい方にもサイズアップが実現できます。
脇高設計と3段ホックで背中のはみ出し肉をしっかりとカップ内にサポートし、太めのストラップで肩を保護します。

寝ている時に流れてしまいがちなバストの肉をしっかりカップに集める

寝ている間の時間を有効に利用できますし、毎晩着けることで、良い形にバストを定着を定着させることもできます。
横になったときは、バストの肉はどうしても流れやすくなってしまいますが、夜用のブラジャーを着けるとそれを防ぐことができ、バストを固定させることができます。
寝ている時に流れてしまいがちなバストの肉をしっかりカップに集めることで、寝ている間もきれいな形のバストを維持しやすくなります。
さらにクーパー靭帯の保護にも役立ちますので、バストの下垂を防ぎたいという人にもぴったりです。

根気よく努力を続けていくこと

そして、こうした育乳ケアもすぐに結果が出るというわけではありませんので、毎日根気よく努力を続けていくことも大事です。
そして、良いブラジャーを選んでいても、ずっとそれを使い続けるのではなく、定期的にバストのサイズは測定をし直しておきましょう。
バストのサイズは変化しやすい傾向にあり、気づかないうちにサイズが変わっていることもあります。
きれいなバストを得るためには、その時のサイズに合うブラジャーを着けることが大事ですので、サイズが合わなくなってきたと感じたらサイズを測り直してみることもおすすめです。

続きを読む

バストが小さい原因:バストが小さいと思っている方でも谷間は作れる!

貧乳の原因はバストケアにあり

バストサイズが小さく、悩む女性は多くいますが、その原因は普段のバストケアにあります。

バストが小さい原因

バストは脂肪の塊のため、周りの筋肉や靭帯にしっかり支えられることにより、形のいいバストを保つことができるのです。

逆に普段のケアを疎かにしたり、姿勢が悪く筋肉が衰えてしまうと型崩れをしたり、周りに脂肪が流れてバストが小さくなってしまうのです。

そんな小さいバストの原因について代表的なものをいくつか説明します。

サポート力の低い下着ではバストが小さくなる原因に

バストは前述した通り、脂肪の塊です。

そのため、下着を着けていなかったりサポート力の低い下着では型崩れをする原因になります。

脂肪は周りに流れる

普段からスポーツブラを利用しているとバストの脂肪は周りに流れやすくなります。

また、就寝中のバストケアも重要です。

就寝中は締め付け感を感じないように下着を着けなかったりサポート力の低いナイトブラを着けて寝るとバストは横や上下に流れてしまいます。

そしてこの習慣を繰り返すことで次第にバストがサイズダウンしてしまうのです。

型崩れやサイズダウンしないためには夜もしっかりバストケアをすることをおすすめします。

最近ではサポート力の高いナイトブラもあるので、このような下着を利用すると無理なくしっかりサポートすることができます。

合わないブラジャーはバストを小さくする原因に

合わないブラジャーを使っていませんか?

そして意外に多い原因が合わないブラジャーの利用です。

間違って小さいサイズを使い続けているとバストは圧迫されて血行が悪くなるためなかなか大きくなることはできません。

また、大きすぎるサイズを利用しているとバストをしっかりサポートできないため型崩れを起こしてしまいます。

このように合わないブラジャーはいまひとつバストサイズに満足のいかないことの原因になるのです。

生活習慣や姿勢、加齢でバストが小さい原因に

バストサイズというと、大人になってからはあまり変わらないように感じるため試着せずに購入してしまう方は多くいますが、女性のバストは生活習慣や姿勢、加齢などによって変化します。

また、ブラジャーもメーカーやタイプによって大きさが異なります。

そのため自分に合うブラジャーを購入するためにはしっかりとサイズを測ったり試着してから購入することをおすすめします。

そしてサイズの計測については自分で行うと間違った測り方をしてしまう可能性もあります。
そのため、もしきちんとした測り方が分からないようなら、店員さんに測ってもらうのがベストです。

ブラジャーひとつで大きな差が出るってことご存じですか?

姿勢が悪いと胸も衰える

バストを支えているのは胸筋です。

しかし、スポーツをしていなければなかなか鍛えることはできませんし、姿勢が悪いと筋肉を使わなくなるため、次第に衰えてしまいます。

するとサポートするための筋力が低下することにより、バストは支えを失い、型崩れをしたりサイズダウンをしてしまうのです。

そのためサイズダウンや型崩れを防ぐためには、まずは普段の姿勢を見直すことが必要です。

運動時バストを揺らさないこと

ブラジャーひとつで大きな差が出るってことご存じですか?

バストを支えるために筋力をつけるのは有効ですが、実は運動によりバストを揺らし過ぎてしまうと型崩れの原因になってしまいます。

また、運動をしすぎるとバストの脂肪燃焼が促進されてしまいます。そのため脂肪が減少してサイズダウンしてしまうのです。

そのため、腕立てや腹筋などの筋トレは問題ありませんが、バストが揺れやすいジョギングなどはしすぎるとサイズダウンをしてしまう可能性があります。

産後のケアを怠る:バストが小さい原因

そして女性のスタイル変化に大きく関係しているのが妊娠、出産です。

妊娠時はホルモンの影響によりバストが張るようになります。

そして肌も敏感になるため、なるべく刺激のない下着を利用するのが良いでしょう

サポート力の低下によりバストは周りに流れやすくなります。

さらに出産後もバストはなかなかケアをすることができない場合が多くあります。

授乳中はバストケアどころではないのが本音

授乳中はバストケアどころではないのが本音

その理由は授乳をするからです。

出産後は母乳の分泌が活発になるため、妊娠前よりバストは大きくなります。

数時間おきに授乳をするため、それをしやすい服装がおすすめです。

赤ちゃんに合わせて横になったまま授乳をすることもあります。

このようなことを繰り返すため、なかなかバストケアをしっかりするということはできません。

バストケアは離乳時にしっかりと

そして離乳するにつれ、バストは母乳を分泌しなくなるため急激にサイズダウンをします。

この時にしっかりケアをしないと元のバストに戻しにくくなるのです。

妊娠・出産によるバストへの影響を受けにくくするためにはそれぞれのタイミングに応じたバストケアが必要です。

バストが小さい原因はバストケアに尽きる

このように、貧乳や型崩れの原因は普段の生活習慣や間違ったバストケアなどにあります。

そのため、これらを改善することでサイズダウンを防ぎ、形のいいバストにすることができます。

まずは就寝中のバストケアを見直すことをおすすめします。

睡眠は1日の3分の一にもなります。

そのためこの時間を有効に利用することで、効果的にバストケアをすることができるのです。

続きを読む

▲ページトップに戻る