ナイトブラ

ナイトブラ選びの6つのポイント

ナイトブラの選び方

ぷるんと弾むようなバストをキープするなら、ナイトブラの着用が断然オススメ。

簡単お手軽にバストをキープできるなんて、夢のような話ですよね。

しかし、ナイトブラと言っても種類は様々です。

ピッタリ自分に合うものでなければ、効果を実感できなくなってしまいます。

バストケアの定番、ナイトブラ選びのポイントを、7つに分けて紹介します。

ナイトブラ

ナイトブラ

就寝中に装着することで、バストの横流れや垂れ下がりを防止し、バストの位置を定着させることができます。

バストを締め付けすぎず、ふんわりと優しく包み込むことによって、就寝中に分泌される成長ホルモンや女性ホルモン、血液の流れを邪魔せず、バストまで行き届きやすくします。

ノンワイヤー

そのため、ノンワイヤーは必須条件。

ワイヤーがあると、バストや皮膚に食い込んだり、ホルモンや血液の流れを滞らせてしまうことも。

ナイトブラは、ノンワイヤーのゆったり感を持つものが、正解です。

素材

素材:ナイトブラの選び方

睡眠時、胸の脂肪は重力で下に移動

ナイトブラは主に就寝中に装着するもの。
ですから、熱のこもりにくい通気性の良いものを選ぶのがマストです。

また、化学繊維などを利用した者は、人によってはチクチクしたりかぶれたりということがあります。

綿100%の天然素材

私が自信を持ってオススメする素材は、綿100%の天然素材

通気性も良く、やわらかな手触りが心地良いですよね。

寝ている間にバストをふんわり包み込むには、うってつけの素材です。

バストは意外にもデリケートな皮膚の持ち主ですから、想定外の肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

素材選びも慎重に行い、肌を労わってあげましょう。

シルク(絹)

天然繊維でいうなら、シルク(絹)もオススメですよ。

滑らかな手触りと、高級感ある艶を楽しめます。
自分好みの優しい素材なら、睡眠の質もアップしそうですよね。

サイズ

サイズ:ナイトブラの選び方

ナイトブラのサイズは、M、L、LL等として展開されています。

細かなサイズが分かりにくいため、選ぶのが難しいという方も。

サイズ自体は、普段の洋服選びの感覚で選ぶのが良いかもしれません。

細身でバストの大きい方は、次項のアンダーバストも参考にしてみてくださいね。

アンダーバスト

アンダーバスト:ナイトブラの選び方

普段のブラのアンダーバストのサイズが65~75までの方は、Mサイズ。

アンダーバスト70~80の方は、LやLLサイズが合うという方が多いようです。

細身でバストの大きな方の場合は、LもしくはLLが良いでしょう。

詳しいサイズは、下着屋さんで図ってもらい、アドバイスを受けるのが確実です。

可能であれば、試着もしてみた方が良いでしょう。

美乳効果

美乳効果:ナイトブラの選び方

美乳効果

バストの位置をキープし、バストアップに必要な血液、栄養、ホルモンが行き渡りやすい環境を作るナイトブラ。
バストを美しく育てる美乳効果も、期待できますよ。

ナイトブラを装着する際、パッケージに掛かれた方法を守って丁寧に装着することで、より美乳効果もアップ。

バストアップクリームやジェル

さらに、美容成分やバストアップ成分が豊富に配合されたバストアップクリームやジェルと併用することで、有効成分がじっくりとバストに浸透し、ナイトブラがパックの役割も果たしてくれるため、相乗効果が狙えますよ。

日中は、ワイヤー入りのバストアップブラを利用することで、美乳をキープしながらバストアップも可能。

ナイトブラと共に、上手に利用していきましょう。

価格

価格:ナイトブラの選び方

2,000~5,000円が相場のようです。
ナイトブラは、毎晩装着することで、徐々に効果を現すもの。

1枚を使いまわししても良いのですが、使用頻度が高いと、その分劣化スピードも速くなります。

劣化してだるんだるんのナイトブラは、バストを支える機能が衰えてしまい、本来の効果を十分に発揮できなくなってしまいます。

2・3枚用意

そうならないよう、2,3枚をローテーションしながら利用することで、1枚の使用頻度を低くすることが出来ます。

まとめ買いでお得に購入できるナイトブラもありますから、キャンペーンやセールも小まめにチェックしておきましょう。

デザイン

デザイン:ナイトブラの選び方

やはり、ナイトブラと言ってさらもデザインは気になります。

可愛らしいレースやディテールにこだわったブラだと、気分ももちろん上がりますし、ナイトブラを装着する楽しみも出てきます。

毎日継続のために

毎日継続してナイトブラを着けるなら、デザインにもこだわってみてはいかがでしょうか。

少し前までは、ナイトブラのデザインは、シンプルなブラック一択でしたが、現在は需要の高まりもあり、レースや可愛らしいデザインの施されたナイトブラが続々と市場に出回っています。
お気に入りのナイトブラを見つけ、就寝中も女子力アップを狙いましょう。

ナイトブラの選び方 まとめ

いかがでしょうか。
ナイトブラと一口に言っても、メーカーによって様々な工夫が施されています。
確実なのは、試着して付け心地やバストの包み込み具合を確かめるのが、最も良い方法なのですが、インターネット上のみの販売であったり、試着お断りの店舗もあります。
自分の状況と似た方の口コミや、体験談も参考に、ナイトブラを選んでみてくださいね。

続きを読む

ナイトブラFAQ・よくある質問:昼用ブラと夜用ブラでどう違う?乳がんになるの?

ナイトブラ:よくある質問

ナイトブラ選びの7つのポイント

夜寝ているときにつけるナイトブラ、昼用との違いはあるのでしょうか。
同じブラなんだから昼も夜も同じでいいのでは?といった声もよく聞かれます。
さらに、寝るときにブラなんて・・・と戸惑う方も多いようです。
そういったナイトブラに関する疑問にお答えしていきます。

毎日つけた方がいいの?
答えはYesです。
起きているときは昼用のブラによって支えられている胸ですが、夜になってブラを外すと重力に従って流れてしまいます。
胸を支えている筋肉が流された形のままキープされ、それが長時間続いてしまうと胸の形の崩れる原因になりかねません。
体を横にしていると胸は昼間とは違った方向に流れて行ってしまいます。
仰向けの場合は左右それぞれ横に流れて行ってしまうので、胸の間が離れてしまう原因になります。
ナイトブラによってしっかりと支えることで、お肉の流れを抑制、形を整える役割が期待できます。
昼用ブラと夜用ブラでどう違うの?
よく、昼用のブラジャーを夜も兼用にして使用される方がいますが、そうすると苦しいばかりでなく支え方に不具合が生じます。
というのも、昼用のものは起き上がった状態で胸を支えるように作られています。
つまり、上からの力を下部でしっかりと支える、といった機能があります。
寝ころんだり、うつぶせになったりした状態では支えきれず、お肉がはみ出していたりブラが浮いて流れてしまったりすることもあります。
ナイトブラは上下に加えて左右もホールドするように設計されていますし、何よりワキの部分のはみ出しや流れが少なくなります。
苦しくないの?
夜用専用のナイトブラ『MICHIBIKI導ブラ』を使用すれば大丈夫。
ナイトブラは逆に着けないと寝られなくなるという声もあるくらいです。
ただしナイトブラでもワイヤーを使ったものなどはやはり圧迫感を感じる方もいますので、そういった方にはワイヤーなしのものがおすすめです。
ナイトブラは前から背中までしっかりとホールドしながらも圧迫感が少ない構造になっているので、安心して使えます。
寝相が悪くても大丈夫?
寝相が悪くてブラがずれてしまうのでは?と心配される方もいらっしゃいますが、基本的にはずれることはありません。
体にフィットしたものを選べばきちんとホールドしてくれますし、気になるのであれば後ろホックのないタイプのものを選べば大丈夫です。
逆に、ナイトブラを付けることで快適になり、苦しくないので動きも少なくなることもあります。
バストが大きい人は、支えがないほうが圧迫され、無意識に寝返りをうったり眠りが浅くなるので寝相が悪くなります。
自分に合ったサイズのものをきちんと選んでみましょう。
乳がんになる心配
ナイトブラを付けていると乳がんになるんじゃないの?という話がちらほら聞かれますが、これは1995年のアメリカでの調査が発端とされています。
この調査では、1日12時間以上ブラジャーをしている女性は乳がんになりやすいというアンケート結果が出たということですが、疫学的調査ではありません。
つまり、ブラジャーをしていることだけが乳がんの原因かどうかは調査されていないということです。
筆記によるアンケート調査ということなので、その他の生活環境や食生活については疑問が残る結果です。
また、締め付けの強い昼用のブラジャーを長時間している可能性が高く、ナイトブラとの因果関係は何ら指摘されていないものです。
確かに、締め付け度合いの強い昼用のブラジャーを長時間することは、血流やリンパの流れを悪くするのでは?と言われていますが、長時間昼用のものをしていたのは仕事が忙しく食生活にも気を使いにくい状態の女性が多い可能性があります。
リンパの流れを阻害する心配は?
昼用のブラを長時間つけることは、リンパの流れを阻害するのではないかということは指摘されています。
血液やリンパの流れが悪くなることによって、老廃物を代謝する作用が低くなることによってリスクが高まる可能性が「昼用ブラ」は考えられています。
それと、自分には本来あっていない、きつめのブラジャーをしてガマンしている女性も多く「きつくて当たり前」「苦しいくらいで普通」だと感じている方。
そういった場合にはやはりリンパの流れが悪くなることで肩が凝ったり圧迫された感じがすると思いますが、ナイトブラは流れを阻害することなく胸の筋肉を支えるので安心して使えます。
ナイトブラは広い面で胸を支える
無理にきついブラジャーを使い続けると、皮膚への負担にもなり、こすれることで色素沈着を引き起こす恐れもあります。
ナイトブラは昼用のものよりも広い面で胸を支えるものが多いので、こういった心配はなくなります。
また、血液やリンパの流れを悪くしてしまうと、大切な女性ホルモンが胸まで届きません。
女性ホルモンが乳腺に届くことで脂肪を蓄え、豊かな胸を作り出すのです。
また、寝ている間に胸に負担がかかると深く眠ることができず、そもそもホルモンの分泌量が減ってしまうことにもなりかねません。
バストの形を保つということは、体全体の状態もよくしていく必要があります。
ナイトブラを使って快適に過ごし、バストを守っていきましょう。

続きを読む

気になるナイトブラ効果は?谷間作れる?

近頃、大注目なのが、「ナイトブラ」で夜もブラを着てバストを育てる方法です。

ナイトブラの効果

これまでバストアップに色々なアプローチをしてきたものの変化が無かったという効果が出にくい人でも目に見えて実感できます。

最大限にバストアップの恩恵を受け、着け心地も満足するためにはナイトブラ選びは重要です。

そのためにはそもそも必要性が高いものなのかを正しく認識しておかなければなりません。

これまでのブラジャーは帰宅直後には外したくなり、就寝時には不快感や健康上の観点から好ましくないという代物でした。

ブラジャーは着用しない方が楽ちんと思われているのですが、実はこれは大きな誤りです。

美しさをキープしたいのならブラジャー自体が必要不可欠ですし、ナイトブラ選びも重要です。

ナイトブラを実際に使用した感想

ナイトブラの効果を実際に使用した感想

とはいえ、これまでナイトブラを着けずに寝ていた人は、ナイトブラに対して強い抵抗感があると思います。

どうしても窮屈なイメージは拭い去れないのですが、着けてみると、想像していたような窮屈感ではなく、むしろ心地よいのが実感です。

実際ナイトブラは使用し始めると、着けてないと寝づらいという意見が多いようです。

それになによりボリュームアップがすごいのですぐに手放せないものになるという声をよく聞きます。

数ある作用の中で身に纏った瞬間に気づくことは、形状が良い状態でキープされることです。

睡眠時、胸の脂肪は重力で下に移動

睡眠時、胸の脂肪は重力で下に移動

眠っている時は無意識なので、何も考えることなく寝返りをしてしまうため、胸部に集中している脂肪分が他部に移動してしまい、結果的に大きくスタイルが乱れてしまいます。

開放的にしてストレスを与えない方が良いというのは真逆であり、本来胸にあった脂肪が自由に動けるようになってしまうことで背中や脇にまで移り気づいた時には極めて縮小してしまっていることも珍しくありません。

一方、正しく使用すると動いてしまっていた肉が固定されるので、寝ている途中に意識せずにメンテナンスしてくれるため起床時には既に良い見た目になっています。

ベッドで横になって休息するというのは全ての人物に共通していることである上に、毎日欠かさず行われるのでこまめにケアしていれば結果的に大きな差を付けることになります。

一度でも導入してみた方が試しにナイトブラを外すと物足りなさを覚えて熟睡できなかったという声が多く聞かれるため、なかなか慣れない事例でも根気強く向き合ってみることが求められます。

年齢が進んで下に落ちたバストでもOK

ある程度の年齢になるともう若くないからと、何をしても意味が無いと言って諦めてしまう人も居ます。

下に落ちてしまったと諦めていた方でも、バストアップはかないます。

使用後にはボリュームアップがすごいという意見が多く、若い方と同じように夜には欠かさずに手にとっています。

やはり年齢を重ねると身体の各部の機能が衰えてしまうので、谷間効果が半信半疑だったというのは無理もないのですが、正確に使用してみると筋組織に訴求できるので根本的な解決に結びつきやすいのです。

クーパー靭帯について

クーパー靭帯について

バスト内部に存在しているクーパー靭帯と呼ばれる組織は、支えたり持ち上げるという作用を担っており、これらによってハリのある様子が感じられる仕組みです。

クーパー靭帯は元来伸縮性に富んでいるものの、激しい動きを行ったり栄養が正しく行き届いていないと切れてしまうこともあり、一度障害が生じると二度と修復できないという注意点があります。

つまり、クーパー靭帯を壊すことなく守りつつ年齢を重ねていくことが大切になるのですが、栄養不足であったり加齢により知らず知らずのうちに切れることもあるのが厄介な点です。

そこでバストアップグッズを採用してみるとクーパー靭帯を保護するといったことが簡単に行えるようになるため、本来なかなかケアできない内部まで守れます。

10代後半~20代

もちろん、まだ発育段階にあると言っても過言ではない10代後半や20代の方においては効果が出にくい人がいないほど必ず嬉しい違いが確認できます。

特に若い頃というのは周りの人々と自分の身体を見比べてしまうことが多く、自己嫌悪になってしまうこともありますが、ボリュームアップがすごいのでコンプレックスを解消させられます。

将来ウエディングドレスを着用するのに備えて、早め早めに対処しどんなスタタイルのウェディングドレスでも堂々と着こなせるようにしましょう。

年齢的にまだまだ可愛らしいデザインが好きな頃合いなので、スポーツブラのようにスポーティー過ぎるものやクールなものよりは可愛げのあるタイプを選出する方が多々居るのも事実です。

先入観から避けてしまわれる方も少なくないものの、大変お洒落で可愛い製品も増加傾向にありますし、有名ブランドも参入し始めているので満足度も高いです。

30代

全年齢の中で取り分けて重要視すべきなのは30代です。

女性ホルモンが変化してしまうことから、この期間のバストケアで結果が大幅に変化します。

30代前半は20代の気持ちで過ごしている方も少なくない上に、まだ体力があるのにも関わらずバストが元来より下部になってしまったり、縮小したように感じるのはとても寂しいものです。

出産すると全身像が別人のようになってしまうことから、この期間はボリュームのすごいブラも楽しめるチャンスかもしれません。

ナイトブラ 安眠

ナイトブラ効果は谷間を作りながら安眠

就寝時、ブラジャーは人によって着けたり着けなかったりするものです。

寝るときにブラなんてちょっと窮屈かなと感じるかもしれませんが、着用した方が得られるメリットがあります。

また、着用しないことによるデメリットもありますから、利点と欠点を踏まえて着用を検討することが大切です。

ナイトブラは谷間を作りながら安眠しっかり

就寝時の肉の位置は、谷間を作る形状が理想的なので、腋よりも胸側に寄せるのがポイントです。

ブラをしないまま眠るのは、胸の形崩れを許すことを意味しますからなるべく、ナイトブラを着けて習慣化するのがおすすめです。

ブラを着用して眠ることは、型崩れを防ぐ効果だけでなく、谷間を作る効果も得られるのでお得です。

ナイトブラを着用するコツ

その際、腋の肉は前の方に寄せて、胸のボリュームを増やしつつ、谷間を作って固定するのがベストです。
寄せるコツは、以下の二点となります。

  1. 腋の下や背中側から肉を持ってくること
  2. そして左右均等にバランス良く形を整える

ナイトブラ着けたまま寝ても大丈夫?

着けたまま寝ても大丈夫?という疑問に対しては、体に合うブラなら問題なしと答えることが出来ます。
手触りが粗かったり、きつく締め付け過ぎるブラは適さないので、この点には注意して選択するのが良いでしょう。
大丈夫と答えられる根拠ですが、それはナイト用に特化した製品が開発されていたり、着用して効果を感じている人が少なくないことが挙げられます。
ノーブラで横を向いて偏ったり、潰されて変形するのを防いでくれるので、型崩れ防止と谷間を作る二つの効果が得られます。
着用時はゆったりと包んでくれる、そういったブラなら就寝時は着けて眠った方が、大切な胸を守って育てる結果に結び付きます。

ナイトブラ着けたまま寝ても大丈夫?

就寝時、贅肉は下に移動する

胸の型崩れは、小さな油断の積み重ねから発生するので、スキが出来ないように優しく守りを固めることが不可欠です。
就寝時、贅肉は下に移動する、これは地球に重力が存在することから、誰もが逃れられない事実です。
無重力状態なら、胸や肉の位置を気にする必要はなくなりますが、宇宙空間でもない限りそれは非現実的です。
現実的な回答としては、地球上でも無重力に近い効果を発揮する、そのような就寝時の状態となります。

就寝中もブラを着用すべき?

横になっても支えてくれるブラを着用して肉の移動を防ぐのが、理想状態に最も近い方法です。
就寝時の肉の位置に意識して、ブラを着用したまま就寝を行うと、着けたまま寝ても大丈夫?との疑問は解消するはずです。


メリット着用して得られるメリットは肉の位置が正しく補正され、理想的な状態のまま安心して眠れることです。
デメリット着用しない場合のデメリットは、就寝時贅肉は下に移動することによって、胸の形が崩れ谷間が損なわれてしまう点にあります。

一日のうち約6時間も胸はだらーんとしている

睡眠時間は人それぞれ違いますが、一般的には最低でも6時間は横になり続けますし、何度も寝返りを打つので、胸を守るブラが必要だと分かります。
勿論、着用するしないは自由ですから、利点や欠点を挙げながら比較、検討してみると答えが出せるでしょう。
一般論としては、就寝中もブラを着用したままがベストで、寝相があまり良くない人であっても、安心して深く眠れる安眠状態の実現に繋がります。

普段のものではなく夜用のブラを着用しましょう

夜に着用するブラは夜用の物が最適で、各メーカーで違いますが、普段使用するブラとは作りや着用感が違うことが多いようです。
横になって眠ると、丸い胸は円のように広がって、腋や背中の方に下がってしまいます。
この状態で、6時間以上もの睡眠を行うわけですから、どれだけブラを着用する大切さがあるか気が付けるはずです。
反対に、ブラの着用状態では横になっても形が崩れにくく、理想的な丸い形状のまま朝まで支えてくれます。
ブラ着用の有無による胸の変形は、長い期間を掛けて少しずつ進みますから、ノーブラの問題点に気が付きブラの重要性を再評価することが肝心です。

締め付けられて安眠できるの?

安眠について使用感に個人差はありますが、着けた方が寝付きが良く早く眠れる、といった感想が少なくありません。
ある統計によると、就寝時はブラを着けた方が、着けない場合よりも寝付きが良くなったという結果があります。
加えて、睡眠の満足度もアップしていますから、ブラの有用性に疑いの余地はないでしょう。
胸自体には筋肉がないので、就寝時かどうかに関わらず、胸の重量は周囲の筋肉や皮膚に負担を掛けてしまいます。
その点、安眠出来るブラは胸の負担を和らげ、無理なく理想的に負担を分散してくれるものと考えられます。
寝付きやすくグッスリ眠れた、これらの安眠について使用感は、科学的な根拠があって必然的な評価だと結論付けられます。
ノーブラが習慣化している人は、就寝時に着用するブラに違和感を覚えるでしょうが、着け慣れると次第に快適性が感じられるようになります。
サイズが合っていれば、締め付ける苦痛や就寝中の不快感は発生しないので、必ず胸に合う物を選んで正しく着用を行いましょう。

続きを読む

谷間を作るなら『MICHIBIKI導ブラ』:口コミ体験談

『MICHIBIKI導ブラ』はノンワイヤーで着心地が良く、育乳ができると大人気のナイトブラです。

MICHIBIKI導ブラの口コミ

つけるだけで盛れると評判で、シンプルなデザインであるのにかかわらずセクシーで魅力的なので美意識の高い女性に評価されています。
『MICHIBIKI導ブラ』

公式サイトはこちら

人気のヒミツ

育乳ブラ、ナイトブラという名目で販売されていますが、締め付け感が少なく日中でも気軽に利用できます。

つけた瞬間からお椀型のきれいな形になり、ボリュームアップすることが可能です。

パットに厚みがありますのでバストが小さい方にもサイズアップが実現できます。

脇高設計と3段ホックで背中のはみ出し肉をしっかりとカップ内にサポートし、太めのストラップで肩を保護します。

出産や授乳、加齢で柔らかく垂れてしまったバストもきれいな形に整えます。

ふっくら若々しいバストに仕上げてくれるところが人気の秘密です。

MとLの2サイズ展開、ブラックとベージュの2種類のカラーでアウターに響かないところも人気です。

心得3:ブラジャーは合ったものを選ぶべし

MICHIBIKI導ブラ:ナイトブラは芸能人も愛用

ナイトブラはモデルやタレント、人気ブロガーが愛用していることでも注目が集まりました。

中でも『MICHIBIKI導ブラ』はモデルの岩本知世さん愛用のブラとして注目を集めています。

昼と夜で兼用で使えるのが『MICHIBIKI導ブラ』の魅力。

周りに分散しがちなバストの肉をしっかりとホールドして育乳してくれるのでおすすめです。

ブラジャーをつけている感覚がないので圧迫感も感じられず、ぐっすりと眠れます。

ストラップの長さを調節しながらはみ出た肉を寄せることができ、バストの下の部分をリストバーに乗せ、パットで形を固定するか、パットなしで調節するかを選ぶことができます。

着替えの時でもさっとバストケアができますので周囲にばれることがありません。

あおむけになってもバストが崩れないとモデルやタレントも大絶賛しています。

脇肉誘導システム

『MICHIBIKI導ブラ』は寝ている間に背中や脇に重力で流れてしまいがちな脇肉をしっかりとバストにキープしてくれるのが魅力です。

パッドと幅広の背中の部分が背中の脂肪と左右に離れたバストを寄せてくれるので動いても谷間ができます。

アンダーバストもしっかりと引き締めてくれますので形のきれいなバストになれます。

『MICHIBIKI導ブラ』はノーホック式で圧が逃げるポイントを無くしていますので、すっきりと引き締まった背中になります。

アンダーバストの部分がパワーハングオン加工になっていることから、協力リフトアップが可能になり、集めた肉が分散しません。

まるで手で持ち上げたような自然な感覚です。

脇肉誘導システム

 

逆流補正サポート

両脇にカッティングが縦に入っているため、ノンワイヤーでありながら背中や脇の脂肪が揺れ動くことがありません。

あおむけになっても横に流れない構造になっています。

  1. 締め付け感が全くないので肩こりに悩んでいる方にも気軽に利用できます。
  2. 脇肉をバストに集めて強力に補正してくれます。
  3. ブラによる脇のサポートを意識するようになるので姿勢が良くなります。
  4. 脇肉と背中の肉をホールドしてブラに寄せ集めることで逆流を作ります。
  5. 脇から胸への逆流補正サポートと呼び、導ブラの特徴となっています。

3段階で補正

はみ出す脇肉とたまる背肉をブラをつけるだけで流れるように胸に導いてくれます。

バストケアと盛ブラ

「夜用としてバストケア」、「昼用は盛ブラ」として利用できます。
ノーホックなので背中の肉をバストに集めやすく、バストに集めた肉を逃がさないようにホールドしてくれますのでバストトップの位置が上がり、きれいなシルエットになります。

流れる脂肪をしっかりとキャッチして、胸へと持ち上げる動きを形成してくれるブラです。

サイドバーごとに肉を持ち上げる力があるので、目いっぱい引き寄せすることができます。

バストに肉を集約させることできれいな姿勢が維持できるようになり、脇上の部分もすっきりとしたシルエットになります。

パットで調整もできる

パットが取り外し自由になっているのも特徴です。

パットを入れればバストの形が崩れにくくなりますし、トップがあふれそうになってしまっている場合にはパットなしで利用できます。

胸を寄せて谷間を作る機能であるため、パットで胸が動くのをストップすることができます。

パットを利用することで胸が中央に寄せられるようになります。パットが分厚いのでバストアップ効果も期待できます。

MICHIBIKI導ブラの気になるのは価格は?

価格は2600円(税別)です。

肌に当たる部分はコットンでさらさらとした感触ですので夏でも蒸れませんし、オールシーズン利用できますからお得です。

生地にはナノシルバー加工が施されており、セクシーな光沢感があります。

普通のブラジャー並みの値段で輸入下着のようなセクシーな高級感を楽しめてバストアップが期待できますからコスパにも優れています。

着替え用に数枚購入してもかなりお財布に優しいのでおすすめです。
無理に詰め込むタイプのバストアップブラが多い中で、きれいにすっぽり収めてキープしてくれる下着ですし、締め付けがなくストレスを感じませんのでおすすめです。

3着まとめ買いすると1着サービスという特典を実施していますのでよりお得に購入できます。

公式サイトはこちら

谷間作りに『MICHIBIKI導ブラ』口コミ体験談

昔からの私の悩みは、バストが小さいことでした。

どう頑張っても谷間を作ることができず、悩んでいた時に見つけたのが導ブラでした。

脇の肉や背中の肉をバストへと移動させ、強いホールド力によって念願の谷間ができ、それを初めて鏡で見た時は、本当に谷間ができたと感動しました。

バストのトップ位置も上がり、服を着た時のシルエットがとてもきれいになりました。

寝ている時も着けていますが、全く違和感がないので睡眠に影響がありません。

着けてる違和感なし

バストが小さいことが昔からのコンプレックスでしたが、導ブラの存在をネットで知り、すぐに購入しました。

夜寝ている間も着用することに、初めは抵抗がありましたが、実際には着けてる違和感なしでした。

苦しくないのに、しっかりとバストをホールドする力があり、気になっていた脇や背中の肉をバストへ移動させることで、服を着た時のシルエットがとてもきれいになりました。

今では導ブラなしで、外出できません。

肉が流れないびっくり

昔からずっと、バストが小さいことがコンプレックスでした。

恋人ができても自信を持って付き合うことができず、悩んでいた時に、ネットで見つけた導ブラの存在を知りました。

早速口コミを調べてみると、肉が流れないびっくりという感想が目立っており、私も試してみることにしました。

口コミ通り、脇や背中の肉をしっかりとガードして流さず、バストのボリュームになることに驚きました。

夜着用しても苦しくなく、常にバストの位置をキープできて安心です。

『MICHIBIKI導ブラ』

公式サイトはこちら

続きを読む

▲ページトップに戻る